Telethought Wallet 2  テレソーワレット2

2017.09.17(11:54)
1_012000000062.jpg

価格:8,424円



1の評価はありますが2の評価が無かったので

(・д・)ナニソレ?
観客が名刺に書いた情報を読み取るパスケース
外側に2つ内側に2つ定期サイズのカードを入れられる
観客が書いたカードを外側に入れると情報を盗み見出来る仕組み
1からの変更点としてギミックが内側になった

(・∀・)イイ!
パスケースとして普段使い出来るクォリティ
財布は人それぞれ自分にあった作りという物があると思うがパスケースにこれ以上の機能は求めないと思うので誰にとっても使いやすい
ピークワレットとしての機能は宣伝通りで内側から演者用の紙を取り出す流れで自然に読み取れる

(・A・)イクナイ!
そんな使い方はしないだろうが試しにみずほのクレカを入れたらほぼ何も読み取れなかった
白地の紙でないと情報を読み取れない
ブラックタイガーデックのような暗いカードの読み取りは不可能と思われる
またパスケースと分離するパーツがある
演技でも普段使いでも取れる事は無いだろうが気を付けたい

(・ω・)ソンデ?
マストバイと言って良い品
自分はパスケースの用途としても欲しかったので商品のクォリティに満足
定期入れが古くなってきた人は代わりにこれを買えばいいと思う
1と比べて読み取るタイミングが紙を取り出す時なので理由付けが優れていると思う
かつ観客にバレる心配はほぼ無い
代わりに動作をしながら読み取りそして記憶しなくてはならないので演技力が試される

Leap by Agus Tjiu

2017.07.01(16:47)
0000000042032.jpg

価格:8,424 円



(・д・)ナニソレ?
デックの上にショットグラスの置き更にグラスを被せて、ホイっとやるとコインが貫通。
同様の現象は多々あるが机や台座ではなくデック。また電動ではない。
サインしてもらったコインや指輪でも可(後述)

(・∀・)イイ!
お手軽。コースターよりは自然かなと思う。箱の柄替えはわりと楽。あと「感度」と言えばいいか、ちっこい割にそこの加減調整ができるのは良かった。
人によっては短所かも知れないが、日本円にちょうどなサイズ(直径500円でギリ)

(・A・)イクナイ!
サインコインを使う場合、ロードがちょっとめんどい。重箱の隅を突くような事だが解説書は主にギミックの動作についてで手順面でのフォローは特にない(じゃあここでこっそり入れてね!程度)
俺はあまり気にしないが、ハーフダラーは使えない。指輪も可能だというが動作部が堅いので怖い。サイズが合っていても石や飾り付きのモノは不可(と思っていい)
何よりわざわざデックオン(ショット)グラスオングラスすること自体がそこそこ怪しいと思えるのは俺だけか。机の上ならわざわざデックを下敷きにする必要があるのかどうかという話になってこないか。

(・ω・)ソンデ?
動作そのものは良好。ショットグラスの置き位置を掴めばホイホイチャリンチャリンできるんじゃないか。ひとりでやってて結構楽しい。
実際に使うとなるとお手軽な道具ゆえに起こす/起きる現象が貫通なのか移動なのかどっちつかずな感じになりかねないので組み合わせる道具や手順は考えた方がいい。

WikiTest

2017.06.21(06:11)
wikitst.jpg

価格:8,800円

なにそれ
ウィキペディアを使ったブックテスト現象(iOSアプリ)

観客に自分のスマホ等から検索して貰ったページの中から
単語をひとつ覚えてもらう。
演者は見ていたページも単語も当てる。しゅごい。

いいね!
観客のスマホ、タブレット、パソコンまで使える。
それらには触らない。サクラもいらない。
手順通りに行えばほぼ問題なく現象を起こせる。しゅごい。
結構なお値段だが相応の効果はあると思う。
トリックオブザイヤーに選ばれただけのことはある。

いくないね!
仕方ないがまず日本語ではない。追加される気配もない。
ある分野に強い人にはすぐに仕掛けを推測される可能性がある。
言語の壁とは別に日本人相手にはハードルが高そう。

総評
ある程度"以上"のオーディエンスマネジメントスキルが必須。
観客にもある程度の英語スキルが必要になるけど
ちゃんと手順を読み込めて尚且つお国柄の違いを考えながらやれれば
日本人相手でも問題なくやれるかも、知れないが俺は怖くて試してない。

外国人観光客なんかを相手にストリートでやる時に輝くだろう。
もし知り合いや職場に海外の人がいたらその親類縁者や友人を巻き込む形で
ショーにしてしまえば日本でも見せれるかなと思う。
現象そのものはしゅごい、としか言いようがない。
が、いくない要素も大きくてマストバイと言い切れない。

MindVisit - The advanced Tossed Out Deck

2017.03.20(07:13)
PC-Facher-Heft.jpg

価格:8,400円位(69EUR)


ナニソレ?
Axel Hecklau(News Flashの考案者)式トスアウトデック。

イイ!
・不思議だし受ける。
・1~3+3人(合計4~6人)のカードを個別に当てられる。
・ルークジャメイのトスアウトデックと違い、
 カードを覚えた観客同士が知り合いでも演技可能。
・演技を練習するプログラムがWEB上で公開されている。

イクナイ
・例えば6人選んだとして、6枚が必ず全て異なるカードとなるわけではない。
・質問を全くしないで当てられるわけではないため、多少の話術は必要。

総評
場面によってルークジャメイのと使い分けるトスアウトデックとして優秀だと思う。
とはいえ俺が知ってるトスアウトデックは、上記2つを除くとあと2種類しかないから、
もしかしたら似たようなものまたはもっと良いものが他にあるかも。

ベンデックス・ボムシェル Bendix Bombshell Wallet by Dave Bendix and Martin Breese

2017.01.03(08:07)
bendixbombshell-full.jpg

価格:8,000円(今は無きミスターマジシャンでの値段です)

良い ジッパーから裏向きでカードを出せる ヒ○バー系財布。かなり不思議がられる。

悪い 人が演じてるのを見てたら、取り出そうとするときカードが縦の隙間から見えてる。


| ホームへ | 次ページ
当ブログ・御利用方法について

ジャンル分け一覧

価格帯
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター