ザ・キー The Key by Wayne Dobson

2018.05.01(13:14)
0000000270542.png

価格:12,420円



オデッセイを演じたいと思っててルーティンは覚えても問題個所がレギュラーリングからギミックへ、ギミックからレギュラーリングにスイッチする部分。
相手の目の前で堂々とスイッチする技量が無いので、ここの部分をどうするか悩んでて考えたのがリングシングをやってスイッチする方法。
これでスムーズなスイッチは自分の技量では無理と判断したため、他のマジックをやりながらスイッチさせる方法。
レギュラーリングを使ったマジックがないかと物色して見つけたのがザ・キーってやつ。


鍵とリングを使ったマジック。本来なら客のリングで演じるものかもしれんが、素材がゴールドのとかだと傷を付けてトラブルになる可能性もあることと、リング自体を身に着けない人も結構居る。
そこでオデッセイに付属されてるレギュラーリングを使うことで、ザ・キーを演じながらオデッセイのリングを自然な形で調べさせることができ演技前演技後の「怪しいか調べてください」というもっとも怪しい工程を排除できる俺様の素晴らしいアイデアw

イエス
ザ・キーのギミックは中々精巧な作りで多分ほぼバレないと思う。


ノー
付属の輪ゴムが一般には売られてない?っぽい感じで消耗品の入手は大変そう。
ギミックは当然触らせられないがレギュラーキーからギミック、ギミックからレギュラーキーへのスイッチはそれほど難しくはない印象。
ザ・キー単独の演技ではあっさり終わりすぎてインパクトはあまりない。費用対効果で考えるなら悪い部類のマジック。
ただオデッセイなんかに続けて演じれば、ギミックが鍵とリングどっちなのかわからなくさせることができる。俺のアイデアは完璧である。

<<トミーワンダーのリングボックス | ホームへ | エクリプスⅠ&Ⅱ Eclipse by Alakazam Magic and Christopher Taylor>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://magicreview2ch.blog.fc2.com/tb.php/2028-9ec44c05
| ホームへ |
当ブログ・御利用方法について

ジャンル分け一覧

価格帯
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター